<   2018年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

三方良し

環境良し 設備良し 音良し
売り手も良し 買い手も満足 世間もよし
日々さまざまな事がある
こんな場所で 気合を入れると
心のわだかまりや
気になる事も忘れてしまう
五人連れで 渇を入れてきました


b0131046_22392623.jpg

b0131046_22385960.jpg

b0131046_22384779.jpg

     会社の会長さんが 道楽で始めたのが始まり
     この日も 会長さんと 会社の幹部が駆けつけてくれました
     ともに歌い
     歌えば心は青空
     人を結ぶ架け橋のようです

     

[PR]

by takasago1699 | 2018-06-28 22:49 | 散策 | Comments(0)  

半夏生(はんげしょう)

むし暑い一日です
湿度が97%とか 言っていました
こちらでは 田植えも終えたようです
一昔前までは 人力で田植えをしてましたが
今では 田植えの機械で 
一反の田んぼも あっと云う間に終えてしまいます

6月21日の夏至から数えて 11日(7月2日)目から
七夕の7日までを

半夏生  の日と言われています 

何 それ!
聞きなれない言葉です
農作業の大切な 目安とされる雑節の一つだそうです
遅くとも この日までに田植えを 終らせないと
生育が遅れて 収穫量落ちるそうです



ちょうどこの頃
こんな草が生えて 葉っぱが白くなります
去年よりも 多く生えてきました


b0131046_17344709.jpg

b0131046_17571533.jpg



半夏と言う薬草が生えて
白く化粧したように見えます
半夏生は半化粧とか 片白草とも言われているようです
尾っぽみたいのは 花です

歌もあるのですよ
半夏生の歌
  苦労を総身に かかえても
  弱音の一つも こぼさない
  荷車引いてる 母の背を・・・


カラオケで よく耳にして
庭の片隅に生える
この草に気づきました
株分けした仲間の所にも 
生えてると思います
白くなってるのかな~ ?



[PR]

by takasago1699 | 2018-06-26 17:58 | 散策 | Comments(0)  

家のアジサイも満開

b0131046_22511353.jpg


今では 本アジサイは見慣れて
あまり珍しくもないですね
色違いも咲いています


b0131046_22533511.jpg

b0131046_22552458.jpg

b0131046_22560814.jpg


上の三つは額アジサイです
下のは「墨田の花火」と言うそうです
ちょっと珍しいですかね
ぱっと花火が開く感じです


いつもより 涼しい日でしたが
繁り過ぎた木の枝を落としたり
丸く刈り込んだりで
少々 疲れ気味
夜の歩きは 昨日と続けてお休み
それでも 
ちょこちょこ動いて
8000歩超え 歩いてます
健康そのものです !!









[PR]

by takasago1699 | 2018-06-23 23:19 | 散策 | Comments(0)  

大まかな今日のこと

b0131046_21261351.jpg



お隣の おばあさんの趣味は 花づくり
いろいろ咲いていて 
こちらも一緒に楽しんでいます

ちょっと耳が遠くて
普通の喋りでは 通じません
怒るくらい強く言わないと
それで
あまり 色々と 聞かないことにしています

通りの人が 聞いたら
なに怒ってんだろうかと
思われたらいけないから

咲き始めの 芙蓉の蕾に
アブラムシがびっしり 
そのことを告げたかったのですが
不言実行 殺虫剤を噴霧しました

今日のカラオケ 多かった
20名ほど集まりました
通常日にしては多すぎです
いつも顔を合わせているので
顔なじみですが
名を知らない人も いるんです
でも皆知ってる仲間です

名を知らなくても
それでも気心が通じています
メロディーが人と人を結ぶのです
嫌な顔する人 一人もいません
お店のムードがいいのでしょう
一人で歌っても 面白くも無い
皆がいて自分がいる
それが楽しいのです

今日はむし暑かったですね
それが理由ではありませんが
ウオーキングは休みでした









[PR]

by takasago1699 | 2018-06-22 22:01 | 日常 | Comments(0)  

今日は昼が一番長い日

b0131046_11082162.jpg



7時40分ころの
昨日の夕暮れ時の 唐津駅前の通り
夕焼けでしたよ
そして
今日は 一年で一番昼が長くて 
夜が一番短い日の
「夏至」だそうです

あと10分ほどすると
夕闇がせまります
黄昏時(たそがれどき)と言うそうです
由来は「誰そ彼」はから生じているそうです
そこにいる彼が 夕闇で
誰か判りにくいところから
この言葉が生まれたとか 

夕暮れから黄昏にかけて
交通事故が多いと聞きました
きっと見え難い時間帯なのでしょう

黒装束で 歩いている人を見かけますが
車の運転をしていて ”はっと” することがあります
歩く時は 白く目立つ服装か
ライトを照らして 歩きましょう

昨夕も夕暮れ時から
西の方に向かい 50分ほど歩きました
唐津出身の歌手 西方裕之さんの「赤とんぼ」を聞きながら・・
ほぼ覚えました
唱歌の
夕やけ小やけの赤とんぼとは違いますよ
昔の身についた歌とは違い
意外と覚えられません
早い人は すぐに覚えるそうですが









[PR]

by takasago1699 | 2018-06-21 11:07 | 日常 | Comments(0)  

侵入禁止 でも侵入できます

今朝は 大阪で大きな地震が発生し
震源地に近い所に住む 親戚の子 子供たち
無事の様子で 一安心しました
二度 三度目の余震が 本震になる事があるそうですから
注意してね




b0131046_09075212.jpg



夕暮れになると 
いつものとおり 歩き出します
そんな中 侵入禁止マークの通りに
ウインカーを出して 侵入しようとしている 乗用車
後から パトカーが 
侵入できませんよと 忠告していた
でも
聞かずに侵入しました


拡声器の 一段と大きな声で

止まりなさい !!!

何と どでかい拡声器の声で
通りの人々も 立ち止まり眺めている

止められた運転手さん
少々頭にきたか 

何で !!

 大声で 問い詰める


交通ルールの専門家の おまわりさん
間違ってるのは あなたの方ですよ
侵入禁止は ここから120m 先からですよ
ちゃんと標記してあるでしょう


きっと親切に教えようと 
してたのかも知れませんが 
問われた おまわりさんは 

ご存知ないかと思ってと ・・

ご存知ないのは そちらの方でしょう
誰しも勘違いはあります
勘違いしてましたの 一言がほしいですね
一言もなしに 立ち去る
お互いに気分を害するでしょ
取り締まる方と される方の
権力の差を見たような 気がしました









[PR]

by takasago1699 | 2018-06-18 09:50 | 散策 | Comments(0)  

カエルの歌

b0131046_11020927.jpg



「カエル」のことを ところによっては「びき」と呼ぶ
その びき が鳴いていた
近づくと ピタリと鳴き止む
雨の前兆の時に鳴く びき ですが
今日は 気持ちいい青空
雨乞いの鳴きだったのか

雨らしい雨が降りません
空梅雨なのか?
柄杓で水をかけると
ピョンと飛び跳ねて
げろっげろっげろっ とカエルの歌を歌い
鳴いていた (うそですよ)

歌は心と心の 架け橋と言うそうです
そして 心と心を結び 連帯感をもち
人との結びつけをする
気の合う仲間と
気抜けのできる 楽しい所で 
時を忘れて 歌おう
いつもののように・・








[PR]

by takasago1699 | 2018-06-16 11:36 | 日常 | Comments(0)  

爽やかに

b0131046_09451861.jpg


野に咲く花のように 風に吹かれて
野に咲く花のように 人を爽やかにして
そんな風に 僕たちも生きていけたら素晴らしい・・・♪

風にさかわらず 爽やかな一日を過ごそう
野に咲く花のように いつも爽やかに
強風が吹いたら 逆らわずに
その時は 避けて過ごそう


スナックの止まり木に 仲間内が六人
ビール飲む人 
コーヒー飲む人 
それぞれ ゆったりと
称え 称えられて
仲間との 楽しいひと時

そんな中
ちょうど夜の8時ころでした
20人ほどの人が
同時に流れ込んで来た
何が何だか・・ 
そんな日だったとは
知りませんでした

眺めてみると
地元出身の 歌手「六本木ひろし」
演劇座長の「大川竜之助」さんと
その取巻きの一団でした

背後から
「おじさん」と声をかけられた
一瞬の戸惑いを感じながら
見た顔ながらも
名前が思い出せない
それは
知人の娘婿の「○○ちゃん」だった
何でここに ??
竜之助さんの 何とかと言ってた
芸能とは無縁の彼ですが
何だろうか ?
それとも 
お芝居習ってるのかな ?
ほっそり形の 爽やかな 目元くっきりで
女形に似合いそうと
思いを巡らす
後援会か友人かも知れませんが・・






[PR]

by takasago1699 | 2018-06-13 11:13 | 日常 | Comments(0)  

仏頂面

仏像の顔を見ると
みんな 無愛想で不機嫌な顔をしている

b0131046_22351175.jpg


   こんな風に・・・
   こんな顔を 仏頂面(ぶっちょうづら)と云う
   そう呼ぶのには それなりの理由があるそうな
   男だと強面の類に属するでしょうが
   女だと 何とも可愛くない

   無愛想度のランクを 小 中 大 と分けるならば
   これは小の部類でしょう
   ぶすくって 不愉快な心情が 現われています

   仏像は仏頂面であるからこそ
   心穏やかに落着くのか・・
   きっとそうなんでしょう

   男は度胸 女は愛嬌と言います
   無愛想で ぶすくった女性は 耐えがたい

   男は決断力とやさしさ
   女は ズバリ笑顔 !
   心の美人に 笑顔の美人に !
   愛想の悪い人は 敬遠される
   あたり前のことです

   無愛想な人に 会ったこと
   誰しもあると思います
   あるある 何度も
   男女とも 笑顔 笑顔です
   無愛想度の大は
   きっと仁王様の顔と 同じくらいに・・




   
   













   
   
   
[PR]

by takasago1699 | 2018-06-09 23:07 | 日常 | Comments(0)  

人生いろいろ

b0131046_11521846.jpg



数キロの波打ち際の
浜辺を歩くには 日照りが強くて 
暑くて 少々身に堪えます
探し物もしてみたい
ですが 今は海を眺めて 目の保養だけ
東の浜で 


b0131046_11523356.jpg



人生いろいろ 松もいろいろ
何でこうなるの !
あっち向いたり こっち向いたり
好きでこうなったんじゃない !
苦難を乗り越えて
懸命に生きてる姿が 素晴らしい

人はその軌跡を形では残せないが
真直ぐに生きてても
共通するところが あるような
じっと考え たたずむ
人生もいろいろです

あっち向いたり こっち向いたり
日和見的な人 いるいる
目先の利益だけを 求めてると
大局を忘れて
大切なことを失ってしまう

この松は 曲がりくねってても
真直ぐに生きてきた
エゴで曲がったんじゃない
周りと 自然と分かち会い
つながりをもって生きてる
自然界の姿だと
人と人との繋がりも
同じことが云えます

ちょっと 偉そうなこと書いちゃった
ゴメン !






[PR]

by takasago1699 | 2018-06-07 11:59 | 散策 | Comments(0)