人気ブログランキング |

カテゴリ:散策( 668 )

 

佐用姫と鏡山

b0131046_12220681.jpg

佐用姫ゆかりの鏡山
神功皇后が三韓征伐時 鏡を奉納して戦勝祈願をして以来
後に この山を鏡山と称するようになったと・・
遠くから眺めると台形の山なり 山頂は地平らにして 伝説にも登場する池あり
千数百年来 多分その姿は変わらぬことと思います


b0131046_12234761.jpg

山頂から眺める 虹の松原や町並みはなくて 鏡山の麓・今の菜畑・柏崎あたりまでは
海辺となっていた
佐用姫が登場するのは 神功皇后の三韓征伐から後のこと
朝鮮の百済とは友好関係にあった大和政権は 朝鮮南部に統治の「任那日本府」を置いて 広い地域を服従下においていたと言われています
このことは 中国・朝鮮の史書・日本書記にも登場している

新羅からの侵略を受けた百済を救援するために
京の都より派兵された 若き将軍・大伴狭手彦
この地に滞在中に 身の回りの世話をしていた 長者の娘佐用姫と恋におちて
夫婦の契りを結びました

思うがままの大雑把な見解です


b0131046_12283306.jpg

大伴狭手彦の渡海船出の時が訪れた
行く船を袖をふり見送る佐用姫
将軍の帰国を待つことなく 
悲しみに暮れた佐用姫は世を去りました
知った将軍は佐用姫神社を建立して 弔ったそうです
近年になって 鏡山山頂に佐用姫像が設置されました
唐津焼窯元 中野窯作と聞き及んでいます

船出したのも 玄海灘が波静かな 
穏やかになる
このころの季節であったろうと思います?
梅雨なしで終わりそうですが お空は暗いですね
えっ、今週末から
小中高は夏休みに入るそうですね





by takasago1699 | 2019-07-18 14:02 | 散策 | Comments(0)  

九州花火大会 2019

宵闇迫る八時ちょうどに 打ち上げ花火でスタート
雨降らずによかったですね
打上げ場所の西の浜からやや遠い場所で眺めてました


b0131046_12075677.jpg

b0131046_12081942.jpg

b0131046_12084031.jpg

b0131046_12105026.jpg


連発で見ごたえありました!
7-8月の土・日曜毎に海の行事があります
夏だ! 唐津だ!
唐津が呼んでるぜ!




by takasago1699 | 2019-07-15 12:21 | 散策 | Comments(0)  

昨夜のウオーキング

b0131046_09424134.jpg

特別に変わった光景ではありませんが
唐津駅の東側です
夜景を眺めて 遅めのウオーキングでした
ここらあたりを起点として 50分ほどの夜歩き
どうかしたら一時間超えも
すれ違う人、人 だいたい同じ方々
若い女子・年配のご婦人の二人づれ三人連れ ご夫婦・・と
夜は比較的に若い人が多い

歩きで健康を維持しております
少しづつ劣化はしていますが
おかげで健康体です
つま先ジャンプをしていましたら
ギクッと足首の捻挫・・
湿布薬張って回復しました
若くないんだから~無理したらあかんと
警告されたんでしょう


b0131046_10072677.jpg

時折霧雨が眼鏡を濡らす
このくらいの雨は気にならずと歩きます
ぐるっと回って来て
怪しげな雲行き 
大粒の雨が凄まじく振り出した
一時の間を図書館の玄関で待つ
薄暗い所に不審者が一人佇む
銅像に見えたのかも知れませんが?
不意打ちの昨夜の雨でした





by takasago1699 | 2019-07-11 10:22 | 散策 | Comments(0)  

夜の景色

b0131046_12034650.jpg

b0131046_12055612.jpg


ここどこだ!?
市立図書館です
昼間とは違った様子です
スケボードの若者たちで ゴロゴロバタン!!と
夜遅くまで煩かった
傍には大きなマンションが建つ
横長の階段 スロープに もってこいの場所だった
規制がかかり 静かになりました

暴走のバイクも少なくなりました
いきなりのパトカーの発動音
いつも同じ場所で緊急サイレンが鳴る
注意喚起で これはしようがないですね
そういえば
深夜のパトカーの発動サイレンは聞かない
暴走車の追尾のサイレン音
これもしょうがないのでしょう
深夜の騒音には 気をつけましょう




by takasago1699 | 2019-07-08 13:30 | 散策 | Comments(0)  

田平天主堂

b0131046_12301642.jpg

b0131046_12311296.jpg

橋を渡れば平戸の島ですが
たもとの町は田平の町 いつもは日帰りコースの旅ですが
今回は大勢で親睦の 泊旅行でした
宴会場貸し切りで 賑わいました
行きはよいよい 帰りは小雨の中 平戸巡りでした

ここの教会は知りませんでした
信者さん達が 
貝殻を焼いて 赤土と混ぜてレンガを焼いたそうです
総レンガ造りのカトリック教会でした








by takasago1699 | 2019-07-05 12:48 | 散策 | Comments(0)  

北風吹く東の浜で

ここに2-3日は 北風が強くて涼しくて
朝間は長袖に靴下を着用してましたが さすがにお昼は半袖姿です
北風吹きまくる 東の浜に先週の土曜日に
何かを求めにビーチコーミング
例の「アオイガイ」を想いつつ
もしかしたらと・・
もしかが まさかと云うこともあるし!
やっぱり
あるのは海藻ばかりだった
季節は冬の終わりのころでないとね
今までに3度探し当てましたが
それも偶然の宝探しみたいなもの


b0131046_15182124.jpg

b0131046_15215771.jpg

b0131046_15245152.jpg


手前は国民宿舎の「虹の松原ホテル」
先の方は「シーサイドホテル」旧本館の建て替え中
かって 昭和天皇陛下もお泊りになったとか
随分と出来上がってきました
結婚式を挙げた 想い出の場所です
風に吹かれて しばしの想い・・
唇なめると いい塩梅の塩味がするほどの
飛沫の中に佇んでいた









by takasago1699 | 2019-06-24 16:00 | 散策 | Comments(0)  

家の紫陽花

アジサイをアップするのは これが最後
アジサイ続きじゃ飽きるでしょう
と、言いながらも
どこかで 特別に珍しいのを見つけたら 再々アップします


b0131046_10525056.jpg

b0131046_10533871.jpg

b0131046_10541259.jpg

b0131046_11095557.jpg

b0131046_10544887.jpg


額アジサイ だと思いますが 名前は知らない
最後の白いのは 確か「隅田の花火」だったと思いますが ??  です


朝から蒸します
梅雨前線は まだ南の方に停滞してるとか
お湿り欲しがるアジサイですが
いまのところ元気です





by takasago1699 | 2019-06-21 11:10 | 散策 | Comments(0)  

磯の石

b0131046_16185880.jpg


  目玉だけの のっぺら坊



b0131046_16190921.jpg


 一つ目小僧 鼻と大きな口


b0131046_16144695.jpg


   背高のっぽは 何の花?





by takasago1699 | 2019-06-11 16:26 | 散策 | Comments(0)  

夜の駅前

b0131046_14475760.jpg

b0131046_14485828.jpg


明々と灯る唐津駅 まるで不夜城の如く
ウオーキングで 夜の南口を眺める
北口よりも 明々として明るい!
ここから 西の方角に向かう時は
暗道をライト振りながら歩きます
でないと 暗闇のカラスじゃ 危ないから!
夜道の人の姿は 車から見ると
非常にわかりにくいものです
たまに
暗闇に黒装束の男一人歩きの人
向かってくると 不気味!
こんばんは!! と
声掛けして通過・・
夜はできるだけ 
街灯のある道を 歩きましょう
よるのウオーカー 多いですよ







 

by takasago1699 | 2019-06-06 15:26 | 散策 | Comments(0)  

チンドン音楽

b0131046_09384632.jpg




心なごむチンドン音楽 リズミカルな律動に乗せられて踊る 
我も知らぬ間に 体をひねってました
周りの人たちも・・・

音楽は 聴いて歌って心の癒し
歌も上手な
全国最優勝連覇の「かわち家」でした
いいね! しました






by takasago1699 | 2019-05-23 09:56 | 散策 | Comments(0)