松浦市の俵石ノ鼻

b0131046_1133831.jpg

    静かな海と、侵食された奇岩
b0131046_1135653.jpg

    俵石と云うのは、ポツリと立つ石のことだろうか。
    断崖をどこから降りたのだろうか、釣り人一人。
b0131046_114824.jpg

    それにしても、
    この海の色は脳裏に思い浮かべていた色、
    そのものでした。
    公園の崖からの眺めです。
    
    

唐津市街から3~40分、
数年ぶりに訪れた、長崎・松浦市の鷹島は私設の公園でした。
今から、七百四十余年前のことでした。
蒙古襲来・元寇の島・文永、弘安の役で、
多くの犠牲者がでた島です。

サクラ、ツツジとアジサイの山、
整備されてた公園も、なぜか荒れ果ていました。
どうされたのかな・・・・
色づきをひかえた多くのアジサイが、
雑草に被われていました。
持主のご主人と、一度お話ししたことがありましたが、、、。


b0131046_11312024.jpg

    今では、橋が架かり便利になりましたね~
    鷹島の道の駅からの眺めです。
    橋の中ほどが、佐賀県・唐津市と長崎県・松浦市の境界です。
    橋の向こうは唐津市で左手が星賀、右手が入野方面です。
    
    

人気ブログランキングへ←クリックで投票、ありがとうございます





[PR]

by takasago1699 | 2016-05-22 11:50 | Comments(0)  

<< 宵闇せまるころ 唐津、いろは島 >>