二十六聖人の足跡

b0131046_16391228.jpg

豊臣秀吉のキリシタン禁令により慶長元年(1597年)大坂、京都でで捕えられたキリシタン、6名の外国人と20名の日本人は厳冬の中を長崎までおおよそ800Kmの過酷な道程を歩き続けた。途中、前原と唐津の中程の深江あたりから船に乗りここ唐津に立寄っている。

一行は町田川の札ノ辻橋傍の豪商、木屋利右衛門の船着場で上陸し木屋の屋敷に宿泊したと言われている。利右衛門は密かに一行を厚遇したと伝えられ、聖人達は十字の入った銅版を木屋に残していった(碑文の一部より) 
2月1日唐津を発ち長崎の西彼杵から船で時津町に入っている。 一行の中には12歳、13歳、14歳の少年が含まれていた。時津町にも上陸地の記念碑が建てられています。
長崎の二十六聖人殉教地はこちらから


人気ブログランキングへ
[PR]

by takasago1699 | 2010-02-27 17:39 | 散策 | Comments(0)  

<< 二十六聖人殉教地 船繋石 >>